太陽光を動力源にする太陽電池時計

太陽電池時計の特徴としてあげられるのが、クリーンなエネルギーを利用して時計を動かせることです。太陽光が当たる場所ならばどこでも使用できるので、場所を選ばないで設置しやすいのも特徴です。中に内蔵されている電池を交換する必要がないことも太陽電池時計の特徴になっていて、太陽光を定期的に当てていれば、時計は半永久的に動作します。外の天候によって貯えることができる電気の量が変化するのも、太陽電池時計の特徴としてあげられます。最も効率的に電気を発生させやすいのが良く晴れた日で、直射日光を時計に当てた方が効率的に電力を発生させることが可能です。曇りの日でも太陽電池に電気を発生させることができますが、晴れの日より発生する電気の量は大きく減少します。

半導体を使用している太陽電池時計

時計を動かすための装置の中に、半導体が使用されていることも太陽電池時計の特徴です。太陽電池を使用して時計を動かすためには、まず太陽電池に光電効果を発生させる必要がありますが、光電効果が電池に生じることで、太陽電池に含まれている半導体の中の電子の位置が移動します。電子が移動する際に発生するのが電気で、これが時計を動かすための動力源になります。日没後に時計を動かし続けるためのシステムが搭載されていることも太陽電池時計の特徴で、そのために使用されているのがもう一つの電池です。これは太陽光電池が発生させた電気をためておくための電池で、太陽が出ている日中に十分な量の電気を電池に充電しておくことで、夜間になっても時計を動かし続けることができます。